街歩き5(高松)

街を歩いて表通りに隠れた裏道に入ると,一寸スリル感があるのです。
そのドキドキ感がカメラに写しこめたらしめたものですが。      
















































































































































































































































































































































































































































































































































矢鱈に多い枚数をご覧頂きまして有難うございました。

時々「ツマラナイ街の写真など写してどうするの。」と聞かれるのです。

街を歩いて「あれ!こんなところにこんなものがあったのか」と改めて

見てしまうとか、今まで有った物が何ヵ月後来てみると無くなっている。

そして突然目の前に現れたけったいな代物に興味深々と見入るとき。 

そんな何気ない街の変化を目の当たりにしたとき、「街も生きて呼吸をして

いるのだなぁ」と、こちらもその日1日ご機嫌がいいのです。    



2008年9月7日

Pentax istDs FA24mm Fish-eye10-17mm FA28-200mm